神戸大学バレーボール部
チーム名 Pioneers
創部

創部1921年

同好会(クラブ)として発足

1925年

日本で最初の排球部として公認

加盟団体 関西大学バレーボール連盟
部員数 18名

   

歴史

日本のバレーボールチームはここから始まった 〜Since1921〜

日本のバレーボールの歴史に大きな影響を与えたのが神戸大学でした。

私たち、神戸大学バレーボール部は日本における最初のバレーボールチームです。

遡ること100年余り、大正10年(1921年)に第1回全日本排球選手権大会で優勝を収めたのが神戸高商(のちの神戸大学)でした。

学生バレーの歴史はこの神戸高商から始まったこともあり、今なおその誇りは「Pioneers(先駆者)」というチーム名に残されています。

その後、昭和4年(1929年)に神戸商大、昭和24年(1949年)に神戸大学と名前を変え、現在に至ります。

昭和12年(1937年)から三商大戦(神戸・大阪・東京 現在の神戸大、大阪市立大、一橋大)が始まり、また昭和36年(1961年)からは京阪神三大学戦(神戸大、大阪大、京都大)も始まり、毎年の恒例として現在も続いています。